カウネット担当者のオモシロピックアップBLOG

カウネットの事業戦略 【カウネット研究】

こんにちは。


カウネット担当者です。


さて、私達が取り扱っているカウネットの事業戦略について、
関連記事がありましたので、記載いたしました。





 コクヨの全額出資子会社である「カウネット」は1月22日から,文具などオフィス用品の通販事業「カウネット」を本格的に開始する。
この事業分野で先行し100万社を超える顧客を獲得している,プラスの子会社「アスクル」を追撃する。


 カウネットは主として,従業員30人前後の小規模企業や事業所を対象に事業を展開する。
代金回収を委託する小売店(エージェント)を通じて12月18日から顧客開拓を始めており,すでに約7万社を獲得した。
「アスクルの顧客を狙って売り込みをかけている。両方のカタログを入手して比較したいという積極的な反応が多い。年末までに顧客数を50万社に増やすことが目標だ」(岡田清之取締役)。


 カウネットは,コクヨをはじめ約220社の製品,約1万1000点を扱う。カタログ掲載品に占めるコクヨ製品の比率は27%。カウネット独自ブランドの製品も5%ある。


 注文は,インターネットの販売サイト(http://www.kaunet.com/)またはファクスで受け付ける。
当面,北海道,沖縄,離島は対象外とする。
18時までの受注品は翌日中に無料で配送する。配送拠点がある東京と大阪の一部地域では,11時までの受注品は当日配送する。1年以内に名古屋,仙台,福岡にも配送拠点を設け,当日配送が可能なエリアを拡大する計画である。
現在アスクルは東京,大阪,仙台,福岡に配送拠点を持っている。

 カウネットの事業モデルでは,小売店に対して,卸売店(エリア・エージェント)が情報提供や教育を行う。約70社あるエリア・エージェントのうち,60社はコクヨ製品だけを扱う専業卸(総括店)である。

これに対し,アスクルは,エリア・エージェントに相当する組織を持たない「中抜きモデル」を採用している。




 

カウネットのお申し込みはこちらから
 
http://kaunet.mu/form/mou.html



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック